読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

10円玉の中から珍しい「穴なし5円玉」が出現・・・

しょーもない気づき




義母が1000円札を持ってきて、
「銀行に行ったら10円に両替してきてくれん?」というものですから
小銭入れにあるかもしれないと、10円玉のコーナーを整理していたら・・・

見事に、1000円分軽くありました。

それが終わったころ、義母が

「あれ、これ10円玉かね?」

と出したコインがありました。


見た目、色、大きさも、ほぼ10円玉・・・

でも明らかに違うオーラが・・・

よく見たら、
穴の開いていない5円玉でした。

そういえば、昔は50円玉にも穴は開いていなかったし、


ひっくり返すと、
左のは、平成十年の5円玉、

右のは、なんと昭和二十四年の5円玉なのでした。

この5円玉は、御年65歳なのですねー。
もう年金がもらえる歳なんですよぉ。

頑張って戦後から平成まで生き残ってきたんだねー。
とプチ感動、したのでした。


お守り代わりに持っているこの

五千円札と 壱千円札

今のお札より、でっかいんです。

だから財布の中で、端が折れたり、破れたりするんですよねー。