読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

日本一高いカラー(剤)を試してみた!! ハーブマジックカラーの勉強会





このカラー剤、実は一般的に美容室で使うものの中で、
日本で一番高いカラー剤なんです。

何で、高いのかって?
簡単に言うと「いいものがたくさん入っていて髪と頭皮に悪いものが限りなく少ない」
ということでしょうか?

値段は、普通の薬剤より、1.8倍〜2倍ぐらいするんです。
間違いなく日本一高いカラー剤です。


その名も、ハーブ・マジック・カラー。
よく、ハーブ(入り)カラーというのはありますが、
それとは、全然別物です。


この夜は、そのカラーの体験勉強会です。
インストラクターは、リグレッタ初登場の佐田くんです。


上総マネージャーと、早耶さんが先発隊で、施術体験を始めました。


大きな特色はこれなんです。

シャンプー剤をセット面でつけるんですよ。
これで、そのままカラー塗布に入ります。
シャンプーは流さないのかって?
そうなんです。

このシャンプーは特殊なもので、
毛髪と頭皮に水分補給ができるもので、
カラー剤をよりさやしく毛髪に浸透させるために処方された特殊ものなんです。
(つまり、洗うだけのシャンプーではないということですね)


混ぜたカラーの薬剤です。
こんなものが、髪の毛を染めてしまうのですから、不思議ですよね?
ハーブのエキスがこの中にもたっぷりと入っていますよ。

その数なんと15種類!!


これですね。
これを混ぜたのです。

左右が1剤、真ん中が2剤です。


カラーの塗布の始まりです。
塗布の方法自体は通常のカラーのやりかたとは違いません。


ほかのメンバーも、手が空いて、集まってきました。
新しい技術には、興味津々なのが「美容師」(魂)なんですよ。


カラーの放置タイムの合間に、理論や仕組みの勉強です。
佐田くん、初めてのメンバーを前に、やや緊張気味?


説明書を見ながら、ハーブ・マジック・カラーの特徴を学んでいきます。


笑顔も出だし、佐田くんなかなかいい調子の語り口になってきましたよ。


ハーブ・マジック・カラーの説明はそこそこわかった所で、
あとは出来上がりで「判断」ということになり、
新製品の紹介コーナーとなりました。

この商品の特徴は、髪の毛とお肌(お顔以外)に1つのクリームで併用できるという
機能を持つスグレモノなんです。

会社の女子チームが、企画立案した商品だそうで、爆発的に売れているようなんです。

左から、ニューヨーク=ラメ入りで忘年会やパーティ時に使えます。
               香りは「ムスク」の香りなんですって。そして、さらっと

真ん中が、フィンランド。サンタさんの国といわれていますね。
香りは「シトラス系」やさしい柑橘系です。これは、さら・しと

右は、ベルギー、チョコレートの国です。
甘い香りのココナツ系。しっとりした質感がとっても潤います。
保湿系抜群です。


リグレッタのキャンペーン・レディ・千夏さんに持ってもらって、
早速ポーズ。


シャンプー台でカラー財を流すときには、シャンプーボウルにお湯を張り、
チェンジリンス(溜めたものを頭皮に何度も流す=乳液の役割)
頭皮に保護膜を作って保湿ケアをしています。


シャンプーからあがってきました。
みんな質感の違いを確かめるために、手触りを自分の手で感じとります。


この後、トリートメントを本来はするのですが、
従来品との違いを確かめるために、敢えてしませんでした。

勉強会終了後、上総マネージャーが、熱心に残っていろいろ質問をぶつけています。

※お薦めのお悩みタイプ
◎白髪が増えてきた方
◎ボリュームがなくなってきた方
◎髪の毛が細くなってきた方
◎抜け毛が気になり出した方
◎髪がまとまりにくくなった方
◎ヘアカラー剤をつけると、頭皮がヒリヒリする方

ここまで見ると、高そうなカラーだなと思われるでしょうが、
そんなに高くはありません。

すごくよくて、ちょっぴりお高いぐらいの価格設定で考えています。

頭皮のトリートメントをしながら、カラーをするという新しい考え方のハーブ・マジック・カラー、
まもなく、リグレッタにデビューいたします。

ご期待ください。