読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

美容室の開店間際に水が止まった時、私はどう対処したのか?

リグレッタの日々

 朝の掃除の時間の最中に・・・異常が!? 

リグレッタでは、朝礼をしてから掃除に入るのですが、いつものようにトイレ掃除をしていると・・・

f:id:yagikatsuji:20151013132647j:plain

近づくと流れ、離れると流れるという水洗トイレの水の流れが無茶悪い。
ちょろちょろっとしか流れないので、これはどうしたことかと、他の場所の水道の蛇口をひねってみる・・・

f:id:yagikatsuji:20151013132857j:plain

こんな感じなんですよ。
ご覧のようにちょろちょろで、それも触ってびっくり熱湯なのです。 

f:id:yagikatsuji:20151013133306j:plain

お湯は沸いています。
ガスの異常ではない、これはすぐに分かったことでした。
すると水道が来ていない、ということがすぐに思い浮かびました。

f:id:yagikatsuji:20151013133455j:plain

おとなりのマンションのショールームが改装中だったのでその関係でうちの分も水道栓を止めているのかな?と思って尋ねに行くと、水道の人をすぐに呼んでくださり、現場に駆けつけてみました。

f:id:yagikatsuji:20151013133737j:plain

特別異常なしなんですよ。
マンションの管理人の山本さんも一緒に心配していろいろお世話していただけます。

水道ではなく電気だ

f:id:yagikatsuji:20151013133919j:plain

マンション自体は水が来ているのです。
出ていないのは、リグレッタの店内と、おとなりのギャラリーだけということがわかって、原因の特定が狭まって来ました。

f:id:yagikatsuji:20151013134122j:plain

マンションの地下に繋がる階段です。
この中に免震の機械やらいろんなものが組み込まれており、水道の方が潜って見に行って下さいました。

水道の異常は見られないようでした。
だとすると・・・電気系統?

f:id:yagikatsuji:20151013134303j:plain

時間は経つばかり・・・。
店のお客様はというと、パーマ・カラー・カットの方がお一人と、ストレート・カットの方がお一人です。

いつ直るか、何分後に直るかによって、お客様の流れもこれに合わせて技術をやっていかないと、パーマを巻いたあとの流し、ストレートを塗ったあとの流しに間に合いません。その時間に間に合うように直さなければならないのです。

電気屋さん到着 

f:id:yagikatsuji:20151013134641j:plain

約30分後、電気工事の人が到着しました。
タイムリミットは、あと20分足らず・・・・
最悪に備えて、リグレッタから車で数分のひがきさんに電話して「最悪の場合、2階のスタジオのシャンプー設備を貸していただけませんか?」という電話をしておきました。ものによってはお湯をわかすのに時間がかかる場合があるからです。

      f:id:yagikatsuji:20151013135110j:plain

電気屋さんの眼光が鋭く見え、頼もしく見えるのは僕の思い入れがあるからでしょうか、一挙手一投足に喜んだり、嘆いたりしている僕が居ました。

f:id:yagikatsuji:20151013135314j:plain

「おお、これや」という声を聞いた時は、思わず「あとどれだけで水出ますか?」と聞いてしまいました。

f:id:yagikatsuji:20151013135640j:plain

このブレイカーが落ちているのです。
それも「地下ポンプ」と書いてありますね。

漏電で、ブレイカーを上げるだけで直るのかどうなのか・・・?

否、また地下へ潜らないとわからないそうだ。

再び、地下へ。そして・・・ 

f:id:yagikatsuji:20151013135833j:plain

電気屋さんと水道屋さんがまたもや地下に潜ってしまいました。
柵をしているのは、この孔が郵便ポストの前なので知らないで落ちないようにというための処置です。

この待つ時間が長いこと。

実際にはここから出てくるまでの時間は10分もかかっていないと思うのです。
でも僕には数十分から1時間近くに感じられ長く感じましたねー。
お客様にカットの時点で待っていただいているスタッフも待ち焦がれているんですけどね、「直ったよ。もう水出るよー」の声を・・・

f:id:yagikatsuji:20151013140529j:plain

 それから何分経ったことでしょう。

「よーしオーケー、直りましたよー、出してみてくださーい」
の声が地下からしたあと、走って全部の水道栓を開ける、最初は冷たかったシャワーがお湯と混ざって、だんだん温かくなる・・・
助かりました。
直りました。
お待たせしました。
申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。

 

一安心して、お客様にもお詫びして、やっとホッとして、普段の用事に戻れたことでした。

 

時計を見たら、10時30分を少し超えている時間でした。

原因は、隣のギャラリーの工事業者さんが、この朝ギャラリーの水道工事のため要らない線を切断したらしいのですが、誤っての指示でリグレッタへ組み上げるポンプの電気の線を切断していたということでした。電気屋さんが気づいて直してくれる水が上がってきて循環し始めたのです。掃除中すぐに気がつかなかったのは、管に残っていた水が掃除の時、出たからだと思います。朝から焦った一日でした・・・。