読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

切れたランプの取替えも、なんでもやります





朝、トイレの掃除をするために電灯を点けようとしたら、


奥側のランプが消えているではありませんか?
聞いてみたら、今朝切れたのだそうです。


掃除を手早く終えて、道具を持ってきました。
今までは、タカヒロくんあたりが換えてくれていたのですが、
男性陣はみんな朝から手がふさがっていたので、やってみようとなったわけです。


ドライバーの先が曲がっているもので、
端を持ち上げ、すこし捏ねて、天井板からはずします。


そして、まっすぐ引っ張りおろしますと、電球全体が見えてきます。


そして中の部分だけを引っ張り出すと、なんとなく出てきました、ラッキー。


すっぽり引き出すと、「こんなになってたんだ」と感心するような
複雑なカタチをしています。


ランプを露出させるためにあれこれしていましたが、なかなかうまく行かず
やっとこさ、この様になるのだとわかり引きおろしました。


古いのをはずし、新しいのをはめると、
こんなに明るくなりました。

台風の停電の後、点いた時のようなまぶしさです。


収納するときは、逆にやればいいだけですから簡単ですね。


天井に隙間ができないようにしっかりと押し込みました。


指差し確認、オーケー!!
これで2つとも点いて、いつもの明るさになりました。


次の朝、今度はもうひとつの方が切れちゃっていましたよ。
仲のよろしいことで。

前日の要領がありますから、比較的要領よく換えられました。

来週はシャンプーコーナーの天井裏で切れているものを交換です。
身の軽い店長が忍者のように、飛び移って換えてくれることだろうと思います。