読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

たむさん、バースデイ・サプライズの後は・・・

徒然なるまま



その?は、⇒ こちらです。



こんな感じでサプライズ終了後のことです。
たむさんの経営管理するホテルが歩いてすぐのところにあり、
ランチ後、コーヒーのついていないところの場合はホテルのロビーでよく
コーヒーをご馳走になるのですよ。


僕は、電話で呼び出しがあったので店に帰り、その後同友会事務局へ出かけましたが
気分をよくしたたむさんは、ランパス・ガールズを伴って、アフター・コーヒーをしたんですと?


しばらくして・・・。



それから4時間ぐらいして、たむさんのウォールに現れた写真はこちらでした。

あとから聞いた話では、ホテルのロビーで3人でわいわい話をしていると、
たむさんの会社のベテラン女性(写真左)が来て、
「誕生日お祝いしちゃおき、あとでひろめに集合っ」という号令に従って集まったんだそうです。

会社の役員に号令をかける店長という関係も面白いですが、
そういう部下から慕われるキャラなんでいすよ、たむさんは・・・。

それにしてもビールだめだったんぢゃ?マチルダ姫。


ほんのり赤くなって、上機嫌な感じがよく撮れていますね、笑。
黒一点、そりゃ楽しいですよ。
若い女の子も花があっていいのかもしれませんが、
やつぱり、ある程度になってくると、会話で楽しめる相手のほうがいいですよね?


僕なんかまだ仕事しているのに、こんな幸せそうなポーズまでとっちゃって。
そりゃ楽しいですよ。
その上、「早くおいでー」と、ランパス・ガールズたちから。

僕はこの日父子家庭だったから、無理なの。行けないの。


安兵衛さんの餃子食べてま〜すだの、


たむさんの会社の掛さんも駆けつけてくれたよ、だのと
写真を送ってくれるのはうれしいけどさぁ。


早い時間なのに、もうカラオケにいっちゃってるんだ。
ま、自分が経営管理するカラオケ店ですから、問題ないですけどね。

歌詞から察するに、増位山の「そんなナイト・パブ」だと判明しました。

ランパス・ガールズとはある程度の時刻でわかれ、
カラオケ店長の金さんと、部下の掛さんと、12時ぐらいまで歌ったていたんだそうです。

たむさん、サイコーのバースデーでしたね?
改めてお誕生日おめでとうございます。

終わり。