読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの社長・八木勝二が、店のこと、映画や本のこと、ランチなど日々のつれづれを綴ります。

ランチパスポート第9弾の大賞店舗発表です。

ランチ



もう数日で、ついに10冊目を数えるランチパスポートが出ますね。
出る前に、第9弾のおさらいをすべく、大賞店舗、優秀店舗を発表しておきたいと思います。

選者は、前回に続きこのふたりです。
ちなみに前回・第8回の優秀店は、こちらでした。


ランパスと、バドミントンと、ばんさくを、心から愛する、たむさん。
いつも3冊のランパスを持ち、会社の後輩を連れ出しては、おごってあげるという
太っ腹の持ち主です。

今回も3冊をフル回転させ、33店舗制覇ですが、
訪れた回数は75回と、GWを含めランパス約90日間の
有効期間のうち、ほとんどをランパスでランチしたという達人です。

ランパスロスの間は、ランパスで知った店か、一汁三菜食堂へ出向かれます。


そして僕。
この回では38店舗にお邪魔しました。
トレードマークになった、湯気曇りメガネ写真。
毎日ラーメン・うどんを食べているように思われているようですが、
多くて週に2回なんですよ。印象とは恐ろしいものです。

さて、では優秀店舗から発表です。

【いつもいつでもランパスオーケー店大賞】


まずは、「桂飯店」さん(北本町4丁目)ですね。
今回のメニューは、中華飯とわかめスープ900円でした。
お味に文句なしの上に、11時〜21時の営業タイム中OKな、太っ腹がランチ難民救済に
一役買ってくださいました。GWもOK、定休日も少ないときたら、国宝モノのお店です。
夜も土日もOKというのは、さても助かりますね。

この店の「あん」が抜群なんですよね?

【「わ」板、「ぬ」板で、勉強させていただきました大賞】


桟橋通3丁目の毎日屋さんの区画内にある「さぬき岩蔵」さん。
「てんぷらぶっかけ」800円が今回のメニューでした。
おうどんはもちろんですが、てんぷらが美味しい店ですよね。

営業中は「わ」、休業または閉店後は「ぬ」の板がぶら下がっています。
これは、湯が沸いた(わ板)、湯を抜いた(ぬ板)のこと。
お風呂屋さんなんかにも、昔はあった乙な看板です。

不定休ですが、基本休むのは時々ですが、ほぼ木曜日なんですよ。
利用時間が11時〜16時半、17時半〜20時というのも土日OKというのも嬉しいですね。

【海老は頭から尻尾まで同盟大賞】


カレーの大盛りが、売りのこの店。
桟橋通5丁目土電車庫のすぐ向こうにある「花みずき」さんです。

今回は、有頭海老フライカレー900円がメニューでした。
ここでいただくときの合言葉は「海老は頭から尻尾まで」同盟も結成されるまでになりました(笑)。

いつも元気な店の人たち。
ランパス客にも、それ以外のお客さんにも分け隔てのないサービス精神が好感度大なお店です。

【天丼のつゆが美味しすぎます大賞】


ちょっと郊外ですが、大津甲・小野肛門科のすぐ北にある「山小屋」さんです。

初めて行ったときに、お遍路さん50人前が終わった瞬間だったもので
戦争の終了後に行った雰囲気でしたよ。
でもそのお遍路さんと同じ、天丼880円をいただくと、殺伐とした空気もなんのその。
天丼な世界へ入っていけたのですよ。広くてゆっくりできて、その上美味しい。
この天丼、何人に勧めたことでしょう?

また参加してくださるのかな?

【おんちゃん、おばちゃん毎日お疲れ様大賞】


毎日、佐川町の斗賀野からご夫婦で通っているんですって。
だから店名も「とがの」、本町2丁目、大橋通商店街の南端にある老舗です。
営業開始は11時30分ですが、閉店は22時30分なので、通勤時間を考えたら
家には寝に帰るぐらいですよ。それをもう30数年?

気さくなおんちゃんが打つ麺の太さが不ぞろいで素敵。
それがまた味わいです。

「ご飯少な目」と頼んでも「ようけ食べなさいや」と普通に入れてくれるおばちゃんも気さく。
常連も一見も楽しめる店なんですね。

満腹ランチもこの店の特徴です。
ご飯は「子供用の茶碗に少なめ」と具体的にいおう。
そうしないと、夕飯が食べられない羽目になります。

いつも日替わり定食770円を500円です。「ご馳走様」といいたくなる店。
駐車場が空いていたら、すぐ入っちゃいますよ。

【ゆったり、広々、スピーディ大賞】


北金田にできた、駐車場つき居酒屋「とりあえず吾平」さんです。
昼のランチは充実していますよ。
若鶏の唐揚げ香味ダレ定食750円です。
ここもお味にはずれがありません。
システム的なスタイルで、吾平チェーンの新業態として大いにファミリーに女性に受けていますね。

店内が広いし、空間がゆったりな上、駐車場も広いので、
話ながらのランチにはもってこいのお店です。

スピードもなかなかのものですよね。


次は、たむさんの個人賞です。
【心もお腹も、満腹大賞】


桟橋通4丁目から入る南ノ丸町「はと時計・桟橋店」さん。
今回のメニューは、唐揚げセット750円ですね。

長くやっている店には、味があります。
接客も内装も新品ではありませんが、落ち着けますよね。
第一、ランチのお味とボリュームが申し分なしなんですよ。

たむさんは迷うと、こちらか、岩蔵さんか、花みずきさんを選ぶんです。

そして、八木の個人賞です。
【一人で奮闘、食べ切れまへんよ大賞】


神田のお好み焼きや「粉もんや」さんです。
ランパス限定セットメニューというよく分からないメニューで1000円定価にしたのは
反則気味に見えましたが、500円に100円足して大盛りにしたら、こんなになっちゃいましたよ。
食べられないほどの量のお好み焼きをひっくり返すのも、大変でした。

でもやっと完食と思ったら出てくる和菓子、
ジュースといってもちっこいビールグラスに入れてのジュース。
バイトちゃんが普段から居ないのか、休みだったのか、一人で行ってたらもてあましまくりの店でした。

でも懸命にやっている姿に好感を覚えるし、また来て欲しい熱意が伝わる店でした。

そして、いよいよ、発表です。

【第9回ランパス大賞】


第6回に続いて、2度目のランパス大賞の受賞です。
ふたりとも満々の来店回数を誇りました。
遅く行くと、売り切れもあるので、雨の中バイクで合羽着て行きましたよ。

愛宕町3丁目の「じぇんとる麺喰」さんです。
駐車場が実質2台なのが苦しいですが、100円Pに停めてもいっちゃいます。

ときどきラーメンのビジュアルが微妙に違うのもご愛嬌でした。

「ほっとこうちスペシャル」750円と書いてあるのに、「ランパスで」と頼むと
「ランパス1です」と通る始末。このメニューは好きだったんだけど、残っているのかな?
通常の営業にも残して欲しいメニューでしたよ。


オーナーの織田さんと、高知を代表する麺女「夏子さん」といったときの写真です。

高知県第10弾は、8月25日から。
前日にはコンビニ、書店に並ぶと思いますよ。
ランチに外に出られる方は、お勧めです。