一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

【食レポ】高知のワンコイン500円ランチ・60「還暦を迎えたので、オリパラ先輩の話を聞きに行く」

ブログランキングに登録しました。
一日1ポチッで応援してください。
   ↓

高知県 ブログランキングへ

還暦を迎えました

f:id:yagikatsuji:20171109180823j:plain

先日還暦を迎えられることが出来ました。

お陰様です。

f:id:yagikatsuji:20171109182637j:plain

それを機に車を飛ばして東へ向かいました。

少し山が秋色になっています。

f:id:yagikatsuji:20171109182729j:plain

着いたところはここ、そうです。

奇勝・龍河洞です。

f:id:yagikatsuji:20171109182838j:plain

やっているが如くディスプレイがそのままなんですが、閉店していました。

寂れている感のある龍河洞なのですが、

f:id:yagikatsuji:20171109183002j:plain

なんと、新店舗が登場しているんですよ、実は。

f:id:yagikatsuji:20171109183405j:plain

あちらです。

行ってみましょう。

f:id:yagikatsuji:20171109183100j:plain

参道?の入り口右手の店舗に新しくテナント入店したのが、オリパラさん。

屋台オリパラさんの由来

f:id:yagikatsuji:20171109183228j:plain

多くの方が食べたことのあるオリパラさんの店主・西さんが笑顔で出迎えてくださいました。

店舗名またはブランド名「オリパラ」がオリンピックとパラリンピックの略称であることは多くの方がご存知かもしれませんが、とうしてそうなったのかまではご存知の方は少ないかもしれません。

西さんにインタビューしてみました。

 

僕「いつ頃始められたんですか?」

西「開業は4年前2013年の10月16日です。68歳のときでした」

僕「開業の動機は何だったんですか?」

西「元気だったことと事務職の仕事期間が長かったので、変わったことがしたかったんです。年金の足しに少し稼げればよいとの気持ちで始めました。赤字が出るようになったら即やめます」

f:id:yagikatsuji:20171109185159j:plain

僕「屋号の『オリパラ』にはどういう由来があるのですか?」

西「『オリパラは当屋台の屋号でして、オリンピック・パラリンピックの頭ふた文字づつ取ってつけました。本当は、営業申請の時に屋号が必要とは全く頭になかって、なにも考えてなく、窓口の人に言われて頭真っ白になりました。

丁度、そのころ東京オリンピックの招致が決まった事を思い出して、オリパラにして下さいと言った時、二度問い直されて、カタカナで『オ・リ・パ・ラ』と書いてようやくわかってもらえました(笑)。 」

f:id:yagikatsuji:20171109190108j:plain

僕「そうでしたか、ドラマがありますねー。いろんなところへお店を出して、いろんな人達と話をしてて、楽しいですか?」

西「特殊な仕事が長かったので、今はいろんな人と接する事が出来て、楽しいです。 もう長くは出来ないと思いますが(笑)。 」

僕「いえいえ、まだまだ頑張ってくださいね」

実演・オリパラ焼きの作り方

f:id:yagikatsuji:20171109185021j:plain

実は、このオリパラ焼きが500円ワンコインなんです。

還暦を迎えたのと60店舗店舗目を記念して、オリパラ焼きを焼いていただくことになりました。

f:id:yagikatsuji:20171109185225j:plain

見本以外が売り切れたタイミングだったので、焼いていただくことにお願いしました。

それを撮影し解説付きでお送りします。

f:id:yagikatsuji:20171109190209j:plain

ケーキリングに生地を流し込みます。

きれいなまん丸はこうして出来ていたのですね。

こだわりの粉はミツモトの超デラックスなのだそうで、格を落とすとふんわり感がなくなるのでだめなんだそうです。ヤマイモ粉を練り込んであるのが、肝のようです。

f:id:yagikatsuji:20171109190630j:plain

キャベツの千切りを入れます。キャベツも安いもの買いではなく、品質を見極めて購入されるそうです。産直市よりスーパーの特売が安くていいものだったりするそうです。

f:id:yagikatsuji:20171109190909j:plain

置く時間は時計では計っていませんが、話していても的確に手が動いているのです。

f:id:yagikatsuji:20171109190851j:plain

天かす、イカ、天ぷら(いわゆるさつま揚げのこと)の切ったのを投入します。
このあと生地を少量流し込みます。

f:id:yagikatsuji:20171110103838j:plain

卵を入れます。

以前は2個入れたいたときもあったのでしたが、質感を良くするために1個がベストだとわかりました。

f:id:yagikatsuji:20171110104120j:plain

マヨネーズを卵のまわりをぐるりと囲み、

f:id:yagikatsuji:20171110104022j:plain

ピックの先でリングの中を剥がしながら、丁寧に外していきます。

f:id:yagikatsuji:20171110104232j:plain

これからがオリパラ焼きの味付けの秘訣です。

f:id:yagikatsuji:20171110104346j:plain

丁寧にひっくり返して形を整え、しばらく焼きます。

f:id:yagikatsuji:20171110104450j:plain

このとき、マヨネーズのオイル分が熱でじゅわじゅわと熱され、豊潤な味わいと香りを引き立てます。少し経つと泡は消え、これがこんがりと旨味に変わるのだそうです。

いただきます

f:id:yagikatsuji:20171110104931j:plain

出来上がりました。

ワンコインランチブログは「店でいただく」のを絶対としていますので、テイクアウトではいけないのです。

f:id:yagikatsuji:20171110105645j:plain

ドリンク100円で売っていましたが、600円になってしまうのですみません、持ち込みです。

f:id:yagikatsuji:20171110105747j:plain

西さんにも撮っていただきました。

f:id:yagikatsuji:20171110110055j:plain

食べている最中には、酉年同士の身の上話をしていました。

写真は、スーパーのキャベツ特売を検索しているシーンです。

f:id:yagikatsuji:20171110110247j:plain

こんなに楽しい時間が送れて、これでいいのかなぁなんて思う数十分でした。

f:id:yagikatsuji:20171110110339j:plain

オリパラ焼きの隠し味は、西さんのそのお人柄から来るものなのでした。

ごちそうさまでした。

ますます頑張って焼いてくださいねー。

次は、どこいこ。

ブログランキングに登録しました。
一日1ポチッで応援してください。
   ↓

高知県 ブログランキングへ