読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

手塚治虫を読む その11 「白いパイロット」レビュー

ブログランキングに登録しました。
一日1ポチッで応援してください。
   ↓


高知県 ブログランキングへ

再掲載ですが、好評の「手塚治虫100シリーズ」です。
実は、ヒット数が一番多いのがこのシリーズなんです。

今回は『白いパイロット』です。

d0162564_1785721.jpg  
  

  

 

 

 

   

 

 

 

 

 

これは僕が12歳の時に買った「白いパイロット」の1巻です。
このころは、まだ上・下巻というよりは、1巻・2巻という方が多かったですね。

その頃、小学館から発売された手塚治虫全集の1冊として、初めて触れました。

 1961年夏から1962年春まで「週刊少年サンデー」に連載されたものです。
 「サンデー」では、「ナンバー7」に続く少年集団活劇SF漫画です。
 12歳の時に読んで以来、46年ぶりに読み返してみて・・・・

d0162564_17181146.jpg
絵は、「リボンの騎士」を思わせるタッチですね。ミグルシャ国の科学者が、人間複製機械を発明して、自分のこどもを実験台にして、 成功した直後、悪の手先に、殺されてしまいます。

d0162564_17147100.jpg


その護送車に、偶然通りかかった王妃は、亡くした王子の代わりにと、一人を選んで連れてしまいます。

そして、一人はマルス王子として、一人は奴隷の子・伴大助として地下で暮らします。

d0162564_17191149.jpg


伴と言えば、そう。

ヒゲオヤジの本名です。12年間取れない鉄仮面をはめられて、大助はヒゲオヤジの息子として育ちます。

d0162564_17205370.jpg
こんな、お遊びのような実験的コマ割りを、時々手塚治虫さんは見せます。
とても斬新な映画的コマ落とし的アングルのようです。
d0162564_17224239.jpg

 地下の奴隷工場から脱走に成功した、大助たちは、 出来たばかりの「ハリケーン号」を奪い、逃走に成功します。
そして、「白いパイロット」として、悪のミグルシャ帝国と闘います。
ミグルシャ=「見苦しゃ」なんでしょうかね?発想は(笑)

d0162564_17261947.jpg

2ページぶち抜きの、こういう画面。
鉄腕アトムの、7つの威力の解説を思い出します。
のちに、「サイボーグ009」にも、こういう解剖図のようなものは影響しています。

こども心に、ウキウキするものなんですね。

d0162564_1728270.jpg

 敵のメカも、縞模様でやたら強いタイガーや、ゴムでできた戦闘機スネーク、 飛行ロボット「ロボケット」、マルス王子が指揮をするモスラもどきの「13号」と少年の心をくすぐります。

d0162564_17305643.jpg

ラストの結末は、複製された片方が、溶けていくところで終わります。
戦争の無意味さを描き続けた、手塚治虫さんは、まだ昭和30年代~40年代の作品に多く戦争や争いごとの無意味さ、それによって失われる、大切なものを描き続けました。

いわば「ロミオとジュリエット」のラストに通じるものがあります。

ですから、ラストカットは・・・

d0162564_17341111.jpg

1ページぶち抜きの、平和へのメッセージです。

こどもまんがと思って読んでいたら、ストーリーはこども向けでも メッセージは大人も含めて永遠なんだ、と実感しました。

親子で読む「手塚治虫」漫画推薦本、しばらく発掘してみようと思います。