読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

技術共有、新メニュー、ヘッドスパ、トリートメント開発プロジェクト




この日は、新メンバーがそろったところで、新しいメニューの合同練習共有会です。
2班に分かれて体験・施術することになりました。

こちらの4人は、新しいトリートメントシステムの体感と施術共有です。


こちらは、レディース3人で新ヘッドパ・メニューのトレーニング中です。
先生役は、早耶さんです。


トリートメント・チームは、まずはシャンプーからです。
上総マネージャーと青木店長が並んでのシャンプー・シーンです。
滅多に見られないシーンではありますよ。


「こうやって?」
「そうこうなんです」
「力はどのぐらい入れて?」
「押すときに力を入れて、引くときに力を抜くイメージです」


手順を確認しながら、早耶さんの手の動かし方、指の使い方を真似します。
「親指をこのように、交差させると痛くないんです」


トリートメント・チームは、トリートメントの塗布を終えて、
ただいま加温放置タイム中です。
女子トークに花が咲いていました。


ヘッドスパ・チームは、実際にやってみよう、されてみようのコーナーで
スパ早耶さんに、モデル体験者・小嶋さんです。
ただ、あくまでも勉強会ですから、手順をされながら確認ということなんですね。


トリートメント・チームの時間が来て、ローラーボールをはずしラップも取りました。
あとは、流してブローですね。


シャンプー台でのしっかりした流しは終わりました。


ドライして、しっかりとブローをすると、
驚くほどの「しっとり感」「さらさら感」が、した直後からわかります。
僕でもわかるほどの変化でしたから、みんな大騒ぎですよ。


ヘッドスパ・チームも終えて、感蝕を確かめます。
「すごーい、さらさら・・・」の声が飛び交います。
でも、十分にしっとりしているので、髪の毛が生き返ったようなんです。


トリートメント・システムとしては、大成功の体験でした。


平田さんのかなり絡んでいた髪も、しっとりさらさらになりました。

天使の輪が浮かんでいるのがわかりますか?