読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

アメリカ人とインド料理に行く(和英同時通訳つき)

ブログランキングに登録しました。
一日1ポチッで応援してください。
   ↓


高知県 ブログランキングへ 


僕の車の中には、今日はなぜか辞書が積み込まれています。
よく見ると「和英辞典」です。

For some reason, there’s a dictionary in my car today.
Taking a closer look, it appears to be a Japanese-English dictionary.


そう。
日本人の奥さんと結婚して夜須(やす)に住む、アメリカンの友人=ディーンさんと
今日はランチに行こうと約束していたのです。

You see, I had promised to go to lunch with my American friend Dean today.
Dean is married to a Japanese woman and lives in Yasu.



二人が選んだ店は、インド料理の店「リタ」です。
うわ、満車ですねー。

He and I chose to go to an Indian restaurant named “Rita”.
Wow, the parking lot is full!


ほぼ満員の店内でしたが、座敷が空いていました。
ランチパスポートを2冊出して、オーダーです。
「ディーン、たたみの上、大丈夫?」と片言の英語で聞きますと
「ダイジョウブです」と、あぐらをかいて見せました。

In broken English, I asked him ”Dean, can you sit on a tatami?”
He said “I’ll be fine.” And sat cross-legged on the tatami.



頼めるメニューは「ひよこ豆とチキンカレーのランチ」だけなんですが
当然のごとく、インド料理の場合は「辛さ」が選べるんです。

Dean ordered the chicken & garbanzo bean curry lunch.
But of course, with Indian food, you must request the level of spiciness.


ディーンが選んだのは、+10倍、つまり「辛口」なのです。
僕は、辛いのに超弱いので、「普通」にしました。

Dean ordered his curry with an additional factor of 10 on top of the already spicy curry.
I chose the normal level of spiciness as I really don’t tolerate spiciness well.

「辛口+10倍で大丈夫なの?」と尋ねると、
「I like spicy,but my body don’t like spicy!」
と僕にもわかるジョークを飛ばしてくれました。

I asked him:
“Are you OK with eating curry with an additional spice factor of
10 on top of the already spicy curry?”
He replied with this joke “I like spicy, but my body don’t like spicy!”



ランチが来るまでの間、いろいろ会話をしていましたが、
僕は、和英辞典を引き引き、単語を探しては片言でしゃべり

While waiting for lunch to come, we talked about various things,
but I had to constantly look things up in the dictionary
and speak in broken English.


ディーンは電子辞書で、自分の言いたい英語を日本語で見つけてしゃべるという
手間のかかる会話なのでした。

It seem rather time consuming for Dean to use his electronic dictionary
to find out how to say various English words in Japanese.



この日の話題は、もうすぐしたらディーンが、奥さんとヨーロッパへ
旅行に出かけるというお話でした。

Much of what we talked about today was related to
Dean’s upcoming trip to Europe with his wife.



マルタやイタリアに行くというので、
どんなところを巡るのか、聞いていると、「ブルー・グラトー」が楽しみだ、きれいだ、
というのですが、「グラトー」がわかりません。

They are traveling to Malta and Italy,
so we talked about what they were going to see in those places.
He said they were going to visit the “Blue Grotto” and that it is a fun and beautiful place. But I had no idea what a “grotto” was.


ディーンが、電子辞書で 「grotto」と出して、その下には、洞窟と書いてありました。
「hole」かと思っていたら、これは単なる「穴」なんですねー。勉強になります。

Dean checked his electronic dictionary for “grotto”
and it gave the definition of “cave”.
I thought that it would have been simply “hole”,
but that’s apparently too broad of a definition.


「青の洞窟」だということがわかったのは、
その「grotto」が「洞窟」だとわかったからなんです。

※「the Blue Grotto」



ランチが来ましたよ。

The waiter brought our lunch.



一人前はこんな感じです。
どうです?美味しそうでしょう。

All this naan is just for one person.
Don’t you think it looks delicious?


前回ラーメンを一緒に食べに行ったとき、お箸の使い方がとても上手で
驚きましたが、今回はスプーンとフォークです。お手の物でしょう。

Last time we ate together, we had ramen
and I was surprised at how well Dean could use chopsticks.
This time he used a spoon and fork, which he is naturally very good at using.



意味もなく、会話しながら食べている風に自撮りなんかしてみる・・・

I took a selfie of us talking during our meal,
but there was no special meaning behind it.


ディーンが「10倍は美味しい」とあんまり言うので、一口つけて食べてみました。

Dean kept saying that his curry
with an additional spice factor of 10 was delicious,so I tasted a bit.


僕には「完全にアウト」なレベルの辛さでした。

It was without question much too spicy for me.

ここの地名は何?と聞かれたので、「中万々=なかまま」と答えると、
「ママ・・・おもしろい」
「後免=ごめん」も面白い、と言うので

He asked me what was the name of the area we were in
and I told him it was called “Nakamama”.
He said that “mama” was funny.
He also said the name of the area in Kochi called “gomen” was funny.


「ごめん」は、sorryだけど、電車の反対の終点「いの」は
土佐弁では 「Let’s go home」と言うんだよ、
・・・なんて、しょうもないジョークを飛ばしながら、1コインランチを楽しんだのでした。

”Gomen” also has the meaning of “sorry” but on that streetcar line, it's the name of the terminus. So I made a rather dull joke and told him that the opposite end of the line is “Ino” which in the local Tosa dialect means “Let’s go home.”
Anyway,it was an enjoyable lunch which only cost us 500 yen each!


ディーンは、「今から、伊野で個人レッスンです」
と言って、高知駅へ向かいました。

僕は銀行へ寄りました。

Dean said “I’m going to Ino now to teach a private lesson.”
as he went toward Kochi Station and I went to the bank.

ブログランキングに登録しました。
一日1ポチッで応援してください。
   ↓


高知県 ブログランキングへ