読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

昭和の映画レビュー 「ザ・タイガース世界はボクらを待っている」「鴛鴦歌合戦」「風と樹と空と」

人気ブログランキングへ


高知県 ブログランキングへ
一日1回押していただけると順位が上がって喜びます。
なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。

★★★★★・・・なにを置いてもレンタル店へ走ろう ←新設しました
★★★★・・・絶対オススメ 
★★★・・・一見の価値あり
★★・・・悪くはないけれど・・ 
★・・・私は薦めない 
☆・・・おまけ

※本編の内容に触れる個所がありますから、観られていない方は、ご注意ください。


『ザ・タイガース/世界はボクらを待っている』


GS(グループサウンズ)映画の第ヒット作です。
当時人気絶頂のザ・タイガースのヒット曲10曲が聞けるだけでもお宝ものなんですが、
若かりしころの姿を見て、思い出に浸るのも一興なんです。

ボーカルのジュリーが基本主演格なのですが、
ピーもトッポもタローもサリー(岸辺おさみ)も人気ものだったので、
みんなに台詞はあり、見せ場もあります。

でもこのころの東宝のアイドル映画はストーリー的に幼稚なものが多く
松竹のアイドルものとは一線を画されてしまっています。

残念なところはたくさんありますが、ファンなら許せちゃう1作です。
なにせ映像を見ているだけでも懐かしいので。  ★★



『鴛鴦歌合戦』


「おしどりうたがっせん」と読みます。
1926年に18歳で映画監督にデビューして以来、261本を監督し、
1972年に「純子引退記念映画 関東緋桜一家」で監督を辞めるまで
ありとあらゆる映画を撮って来た、マキノ正博(マサヒロで何度も文字が変わっています)監督の
1939年製作のオペレッタ・ミュージカルの傑作です。

ありえないほどの、ノーテンキな映画で、志村喬さんや、片岡千恵蔵さんたち大スターが
画面狭しと、歌い踊ります。

内容は楽しいぐらいで、たいした意味はありませんが
なんでこんなに楽しいかが謎なほどの映画に仕上がっています。

職人・マキノ監督の腕が冴え渡っていますねー。
モノクロ・スタンダード画面に時代劇姿の登場人物たちが、歌い踊るというだけでも
「ありえねー」映画なのですよ。   ★★★



『風と樹と空と』


日活でたくさん増産された、吉永小百合―浜田光夫さんの「純愛コンビ」の
多い作品の中の1作で、石坂洋次郎原作物の1本でもあります。
当時のこの二人のコンビ作は、ものすごい量産体制で、年2回だった
百恵−友一などは問題にならないぐらいの人気コンビだったのです。

ところがこの作品、二人の関係は、青森から東京へ集団就職で出てきた仲間というだけで
二人が恋愛しないという非常に珍しい作品なのです。

原作どおりなのか、90分の枠にはめる為に脚本をはしょったのか、
そんな気がしてならない消化不良な映画でした。

純愛コンビが、恋愛もしないという全くレアな1本となりました。
★★




人気ブログランキングへ


高知県 ブログランキングへ
一日1回押していただけると順位が上がって喜びます。
なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。