読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

ランチパスポートで「野菜中心+パンケーキでもお腹いっぱい」・・・なお店 tonttu cafe


ランチパスポートの楽しみ方には、3つあって
?500円ランチということで、人を誘いやすいのでランチタイムを一緒にできるんです。
  そのことで、いろんな話や情報交換がたくさんできますね。

?このきっかけがなかったら、知りもしなかったし、出会いもしなかった店に
 ランパスがあるから、という理由で平気で入っていけること。
 場違いな女性向けの店であることもたま−にありますよ。

?そうしてさまざまな店をめぐる中で、繁盛の法則、不調の法則、そういうものを
 客目線で日々見られることで、サービスって奥深いことがたくさん理解学習できます。


さて、この日は城見町にある tonttu cafe さんに初めてきました。
トントゥ・カフェと読みます。


こう見たら簡単に着いたようですが、このあたりは細い路地が入り組み、
一方通行も多いところなんです。

ナビなしでは1発ではなかなか来られないでしょう?


店内からは、こんな眺めですが、この向こうに駐車場が2台あります。
目の前の車のところではありません。


「止まれ」の標識を目当てに、その下に見える店と同じ色の看板を見つけて歩くと


そこに2台の駐車場があるんのですよ。
この出てすぐ右手に行くと、左側=南にサウスブリーズホテルさんがありますから、
そちらから入ったほうがわかりやすいし、車だと入り易い行き方かもしれません。


さて店内に戻ると、淡い緑に統一された店内が落ちつきますね。
ぼくなんか、文庫本や本が並んでいるだけで安心したり、気持ちが落ち着いたりするんです。


大きな柱時計のような棚つきのインテリアボックスに、
なにか、ファンタジーな香りのするアイテムがありますね。


店の奥まったところには、キッズスペースや赤ちゃんベッドがあります。
絵本もあり、子連れママさん大歓迎なお店のようです。


ランチパスポートのメニューは「サラダ・ランチ」
定価700円を500円に、ということです。


ランチパスポートの店の写真には、まず
鶏肉系の店が多いですねー。
そして、カレー系、麺系も多かったですが、
前回のパスタシリーズは不発でした。

野菜中心というと、女性には受ける様ですが、男性には
「同じ500円出すなら、腹が張るほうがえい」という心理があり
サラダ系は敬遠されることが多いのですが、現物を見たり、いただいてみると
ぜんぜん違うことねよくあります。

イオンのフードコートの、>「スモマ@デリ」さん
ローストビーフ2枚は、なかなかのボリュームなんです。
それに野菜でお腹を張らすのも満腹感が心地よいものなんです。


きれいなカップに紅茶です。
僕はストレートティーが好きです。
コーヒーよりも紅茶派なのかな・・・?


取っ手を持ちなさいって?
すんません。


せっかくのレタスも新鮮感を出すために、タッパーウェアにでも入れて保存すれば
もっといいのになぁと、ターパー中村さんの顔を思い出す。


とかなんとかいいながら、ゆったりしたランチタイムを過ごさせていただきました。

ランチパスポート使用時間が13時―14時30分LO(ラストオーダー)なのですが
僕が入ったのは14度26分ぐらい、出たのが15時ちょっと前だったのですが、
すごく長くいたような得も知れぬ満足感が漂ったのでした。