読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの社長・八木勝二が、店のこと、映画や本のこと、ランチなど日々のつれづれを綴ります。

ランチパスポート第11弾の大賞発表ー!!

ランチ

lawrenceco.exblog.jp

lawrenceco.exblog.jp

lawrenceco.exblog.jp

www.ligretta.com

www.ligretta.com









今回は選者が豪華ですよー。
前回はたむさん、祥二さん、僕の3人でやりましたが、
今回は一気に3人も増えたのですー。


まず新メンバーのかおりさん。
昼はランパス、夜は神出鬼没なレディです。
趣味は酒蔵めぐりと生け花。


二人目の新メンバーもレディースなんです。
昼はまちさん、夜はマチルダ。
お酒を飲めるように日々奮闘中のトライアスロン・レディです。


そして3人目は、孤高のランパス愛好者・村上さん。
このメンバーの誰ともご一緒していませんが、
ランパス制覇数は61回使用でトップ(偶然ですがくしくも、たむさん、八木も同数でした)
国際交流と運動をこよなく愛するテニスプレーヤーです。


ここから前回も同様の選者です。
2回目の祥二さんは、土佐泥酔党の党員なのですが、時々腰痛を起こしてしまいます。
手料理とお酒をこよなく愛するさすらいのオヤジです。


そして僕と一緒にいつも選んでくれているたむさん。
写真は、まちさんに酒の手ほどきをしているところです。
実はもと金融のプロにして、今は「へなちょこ」チームの主催なんです。
カラオケと酒が大好きです。


6人目は僕です。
第2弾以外のランパスでは、たくさんの店に行きましたが、
ランパスがなければ行かなかっただろうお店と出会えたこと、
そしてランパスを通じて、交友の場が広がったことに感謝している映画大好き美容室オーナーです。

さて、6人の「通」の意見をまとめて発表いたしますと・・・

まず、優秀店からです

【蒸し寿司はこうでなくっちゃ大賞】


土佐市の「味佳」さんです。
今回唯一の高知市以外の店舗で入賞です。
ほくほくあつあつな蒸し寿司に、おうどんつきなんですよ。
こちらには、行った人は全員が投票というすごさ、老舗のお味堪能させていただきました。


【おばちゃん、サービス精神もう少し減らして大賞】


手打ちラーメン「とがの」さん。
ラーメン定食が500円になります。
手打ちのラーメンは、とんこつ塩味で麺だけでもお腹いっぱいになりますが
それに、手作りの一品が3品程度・・・そしてご飯と、盛りだくさん・・・
「少なめ→2/3」で「半分→3/4」というレベルです。
僕はいつも、「ご飯なしで」と伝えます。この場合は本当にご飯が来ません。


【素晴らしいデビューはお見事です大賞】


天神町にオープンしたばかりの「758」=なごやさん。
オーナーも店長も名古屋出身だということで、メニューもオール758円という徹底ぶり。
本格的な甘味噌だれが、ほんとよく利いていて、本場のお味が高知でいただけるという
ありがたいお店です。


【パスタでも受賞、貫禄大賞】


ランパス参加も常連店ですが、優秀店舗にもいつも入りますね。
ランパスの三大有名店のひとつ「花みずき」さんです。
(あとの二店は「はと時計」さんと「とがの」さん?)
いつも2品からどちらかを召し上がれ、ということで、選べるので最低2回は行かせるという
テクニックも開発したお店です。
近頃人気が出て多忙なためか、時々怒号が飛び交うこともあるらしい・・・


【讃岐人も褒めた五目うどん大賞】


知寄町にあるうどんやさん「春日」さん。
セルフうどんの押し寄せる波にびくともせずに立ちはだかる雄の店です。
香川の人間を連れて行っても「これは旨い」とうならせる麺の腰と、甘めの出汁。
このコンビネーションが何度も足を運ばせます。


個人賞

個人賞は、私はこの店が気に入った、楽しかった、美味しかった、気にかかったというもの
ほかのメンバーがあまり注目していなくても、見る人は見ていましたよ、というタイプの賞ですね。

【八木個人賞・VINTAGE VILLAGE】


店のオーナーらしき人に「駐車場3台ってどこなんですか?」と尋ねたら
「この前の道は私道やき、置いてかまんよ、3台ぐらい置けるでしょ」というお店。
先発隊から、「なかなか料理が出て来ないから余裕を持って行って下さい」という
情報をいただいていましたが、僕が行ったときは満席にもかかわらず、10分もかからず
提供してくれました。お味抜群、雰囲気微妙〜。夜行ってみたい。


【たむさん個人賞・菜彩―SAI―】


南国市のあけぼの街道沿いの民家風カフェ「菜彩さい」さんです。
庭や店の佇まいすべてを含めて、落ち着ける店であり、お味も接客も上品でした。
庭の借景がいつも楽しめそうですね。


【祥二さん個人賞・鳳来】


高須の旧道電車通りの「西高須」付近の老舗中華料理店です。
はずれのメニューもありません、スープも天津飯も絶品です。
接客もいいんです。なぜ優秀店から外れたのか・・・?

きっと唯一、「あと30gアップのご飯・・・」でしょうか、笑。


【村上さん個人賞・どんどん亭】


国立病院に近い若草町にある得得さんが経営するうどん店です。
おそらく、全部まともにいただいたら、満腹度は1番ではないでしょうか?
親子丼はフルカップ(丼)だし、ご飯の多いこと多いこと・・・・。

少なめもオーダーできますよ、とは村上さん情報です。


【まちさん個人賞・サブウェイ高須店】


サブウェイは中万々と高須のツタヤの中にあるサンドウィッチのファスト・フード店ですね。
手軽に野菜をたくさん摂り、お肉も摂り、そこそこにお腹を張らすのにはベストなお店です。
男性には物足りないかもしれませんね。

その点、その時点でのまちさんには、どストライクの店だったのでしょう。


【かおりさん個人賞・うさぎ屋さん】


女子の大好きなドーナッツがついていて、安くて美味しい店。
はりまや町に移転してきてから好調のようですねー。
アットホームな店の空気から、女性客には絶大な人気で、
メンズ―分けてもおじさんたちは、入りにくい店となってしまった。
でも、おじさんでもウェルカムなのは、変わりありません。


【準・優秀店舗大賞】


桟橋通3丁目にあるうどん店「さぬき岩蔵」です。
学生大盛り、大食いで鳴らした店も、ランパスでの勝負は大盛りでなく
「にんにくうどんとてんむす」という意表をついたメニューが大受けでした。
変化球勝負が、功を奏した例です。


【ランパス大賞・メンズ編】


メンズとレディースの大賞がぱつちりと割れました。
メンズは、満腹+お味なんですね。
得得の他のお店は、牡蠣とじ椀+うどんだったのに対し、
春野店だけは、このメニューで勝負だったんです。
経営が別なんでしょうね。いつも満員で接客もいい春野店。
これからも頑張っていただきたいです。

ちなみに村上さん、たむさんとも3回のフルの来店だったようです。


【ランパス大賞・レディース編】


女性の1位は完全一致でこちら。
瀬戸南町のレストラン・ピックさんです。

レディースの大好きなオムライスとドリアの両方が一度に食べられて
その上、サラダ、フルーツ、ドリンクでしょう?

こりゃ仕方ないですよね。