読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

ランチパスポート高知第15弾の店巡り、スタートは懐かしの「ラーメン天馬」さんから

ランパス2回めの登場です 

f:id:yagikatsuji:20151212132705j:plain

本町2丁目のおびさんろーどにあるラーメンの天馬さんに来ましたー。

場所はこちら ⇒

f:id:yagikatsuji:20151212132816j:plain

ランパス第15弾発売初日のことです。
たむさんと「どこ行く?」から始まり、僕の希望でこちらに决定しました。

この日は自転車で待ち合わせです。お互いを確認したらカメラの嵐、走りながら撮るとブレまくりでしたー。

f:id:yagikatsuji:20151212133116j:plain

この店は、懐かしいんです。
だって、本町2丁目の住人だった30年間通い詰めた店ですから。

以前の金高堂の場所の向かいの地下に有った時からの行きつけです。
姉妹店が大丸東地下にもありましたねー。

f:id:yagikatsuji:20151212133448j:plain

今はパームスビルの地階にあり、38年目の大健闘をされている表彰モノのお店です。

地下に潜るのが勇気のいるような立地なんです。

f:id:yagikatsuji:20151212133330j:plain

懸命にラーメン店があるよ、美味しいよとちょっと昔っぽい表現で知らせています。

さて、おんちゃんおばちゃんは元気かな?

f:id:yagikatsuji:20151212133729j:plain

数年前と何も変わらない店先です。

こちらは、半チャンを高知で広めたラーメン店の一つと言っても過言では無い、チャーハンのクォリティを示しています。

f:id:yagikatsuji:20151212133921j:plain

座る。
たむさんと今回ランパスに付いての感想トークが始まる・・・毎回の恒例行事となりつつあります。

f:id:yagikatsuji:20151212134031j:plain

おんちゃん・・・たしか吉田さんといいよったと思うけど、お元気そうです。
チャーハンを作る時の賑やかな中華鍋の音が懐かしく「あの頃」を思い出させます。

f:id:yagikatsuji:20151212134249j:plain

聞いたことは無いけど、おばちゃんはおんちゃんの奥さんだと思う。
とてもよく似た弟さんらしき人物が、もう1軒の天馬をやっていたんだけど、ラーメンはそちらの方が少し美味しかったんです・・・

でもチャーハンでは僕の中で「高知イチ」のお味だと思っています。

ランパス高知第15弾の特長

ランパス高知はもう15冊目です。
毎号特集を組んだりして新味を出していますが、今回の特長は・・・

f:id:yagikatsuji:20151212144313j:plain

たむさんがこまめに◯をつけてある店は・・・

f:id:yagikatsuji:20151212144551j:plain

ランチ時だけでなく、そのメニューが夜間も食べられる店です。数えてみると25店舗もありました。土日や祝日、長時間の使用可能なお店は嬉しいですね。
ですから15弾は「夜間使える店特集」とでも言えるでしょうか・・・

 

ランチのメニュー的には、前回は唐揚げがとても多かったのですが、今回はカレーが多いのが特長のようです。

食べるぜい、久しぶりー 

f:id:yagikatsuji:20151212144832j:plain

おばちゃんがいつもの様子で「お待たせしましたね、すみません」
と運んできてくれました。

f:id:yagikatsuji:20151212145040j:plain

たむさんは、ラーメン+餃子のセットです。

f:id:yagikatsuji:20151212145156j:plain

僕は、唐揚げのセットです。
今回はチャーハンはランパスメニュー対象外です。 

f:id:yagikatsuji:20151212145255j:plain

ちなみにお値段はこんなものです。
セット物が売りのラーメン店です。
夏場の冷麺+半チャーハンが最高に美味いので好きです。
ですから冷麺は他店では滅多にオーダーしません。

f:id:yagikatsuji:20151212145502j:plain

儀式・・・

割り箸の失敗

f:id:yagikatsuji:20151212145616j:plain

チェーン店のように、ビシーっと割り箸が並んでいるのもよし、こんなバラバラなのも味わい深くてねそれもよし。

f:id:yagikatsuji:20151212145548j:plain

一つ割ったら、こんなに割れた・・・

f:id:yagikatsuji:20151212145804j:plain

次も、こんなに割れちゃった・・・

f:id:yagikatsuji:20151212145842j:plain

たむさん、おもむろにマイ箸をスーツのポケットから取り出しました。カッコいいですね。(後日僕もいただけました、それについてはまた後に)

 

わたくし流の天馬ラーメンいただき方 

f:id:yagikatsuji:20151212150002j:plain

超ひさしぶりのスープに挑む・・・

うーん、昭和の味です。変わりません。

昭和60年代から平成10年ぐらいまでの間、ほぼ毎週、月に3、4回は通っていたラーメンなのです。懐かしい味なのです。 

f:id:yagikatsuji:20151212150329j:plain

唐揚げを全部投入しましたよ。

この食べ方を20年以上しています。

スープがとても唐揚げに合うのです。どこそこのラーメンでもいいというわけではありません。

f:id:yagikatsuji:20151212150520j:plain

うーん、久しぶりーの天馬ラーメンだよ~。

f:id:yagikatsuji:20151212150603j:plain

ランパス初日で、入った時はランチタイムだったのでかなり居たお客さんも13時を越えるとだいぶん減りましたね。

f:id:yagikatsuji:20151212150715j:plain

ラーメンスープに浸った唐揚げがなんともいいお味になるんですよ。

また来るよー 

f:id:yagikatsuji:20151212150814j:plain

よくここのテレビで甲子園の中継を見たなぁ。
いつの間にか薄型になっちゃってるよ。

f:id:yagikatsuji:20151212150924j:plain

たむさんがトイレに行った時、店内にはお客さんは二人だけになっていました。

こんな感じのほうが僕の中では「天馬らしい」(おばちゃん、おんちゃん、ごめんなさい)んです。

f:id:yagikatsuji:20151212151135j:plain

お釣りの無くていいように出そうと、第15弾からは、できるだけ小銭を構えてくるようにしました。

ここまで細かくしなくても良さそうなものですね、笑。

f:id:yagikatsuji:20151212151316j:plain

この調理台も懐かしい。
最盛期はスタッフも5人ぐらいいて、この調理ブースの右手の座敷席にもお客さんがあふれていた時期がありましたよ。 

f:id:yagikatsuji:20151212151501j:plain

また来るきー、いつもと変わらぬ天馬さんの味を噛みしめて、再来店を約束するのでありました。次は「王様のコンビ・半チャン」で行ってみよー。