読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

高知県中小企業家同友会青年部・「新社長物語!」を聴く。




開会前のリラックスした風景。
三人の若手社長が、報告者席に並んでいます。


高知県中小企業家同友会の青年部が主催の例会です。
題して「新社長物語!」です。

なかなかナイスなタイトルだと思います。

ひとり20分で喋り、その後質問に答え、
パネルディスカッションを行うというもの。


青年部部長・坂本さんが今日の内容について喋ります。
聞けば、長い田中社長でなって2年、次が今年初めからの佃社長、
そして、3ヶ月前になったばかりのホヤホヤの谷脇社長です。


進行およびコーデイネイターは、事務局長の川竹さん。
なかなかスムースなトークで盛り上げてくれそうです。


順番は「近頃社長になったもん順」だそうで、
トップバッターは、株式会社・末広の谷脇敦新社長からです。

僕と末広さんとのお付き合いは前々代の社長の頃からですから長いです。
嶺北地区の雄として長きに渡る歴史を継承するということにとどまらず
新しい事業展開を広げていく心意気は、まさに注目に値すべきです。

とにかくよう勉強します。
立派な大社長になっていくでしょうね。


丸和建設の佃新社長です。
建築業界って、一口にはいえませんが、職人の世界ですから
子どもの頃から、いずれはこの会社を継ぐのかなぁなんて思いながら
大工さんたちに可愛がられて育ってきたそうです。

大学の途中までは明確な目標(会社を継ぐという)をもてなかった彼が
あることを契機に、猛勉強を始めます。
建築のことを知り、資格を取るために。

別の機会に会社の取組みの話を聞かせてもらったことがあるのですが、
大工さんの職人的プライドを保たせながら、施主さんと交わらせたり、
空き時間の有効活用などの事例は、「なるほど・・・」と思わされることだらけでした。

人育てがうまいんですね、佃社長は。


そして、最後に株式会社サイラタウンの田中社長です。
谷脇社長もそうですが、前社長の娘さんと結婚して会社を継ぐようなカタチになった方です。

歯切れのいいトークで、今まであったさまざまな出来事を赤裸々に話してくださいました。
これも同友会ならではのことですね。

これからのビジョンもしっかりとしていて、奥様と共に
夫唱婦随で躍進していくこと間違いなしでしょう。

三者三様の思いのこもった話に、初心に返れた一晩でした。