読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

高知県中小企業同友会・共育講座うちあわせラスト

学びの人生

今までのブログ「一語一映」は、⇒ こちらです。




昨日の書き込みから3週間後のこと。
今度も高南メディカルさんの会議室にメンバーが集まりました。


第10回高知県中小企業家同友会・経営研究会主催「共育講座」
の打ち合わせ会なんです。

共に育つのは、社員と経営者(社長ら)です。
どちらかだけがいくら育っても、経営はうまく進まないという信念のもと、やっております。


刈谷委員長の進行のもと、
熱い語り手たちが、熱烈議論をしていきます。


過去はどうであったか博士、宮本さん。
最も多数の社員さんを過去に参加させてくださった企業ですし、
ほぼ全てにかかわっていただいています。


川竹事務局長は、同友会事務局には日が浅いのですが、
取り組みに関しての中心点にぶれがなく理解しあえて居ますから
進行上、とてもよく意見を下さいます。


まみさんも熱心に参加してくださり、ご自身も熱心な方です。
こんなリーダーの会社で働ける社員は幸せですよ、と思えます。


僕が数年前一時冷めていた頃も、熱心に続けていた藤田さん。
いつもながら沁み込んでいる松下イズムの発言には、凄みがあります。


佃さん、意見はあまり多く出されませんでしたが、
いろんな会の運営に積極的に参加してくれとてもありがたい方です。
また熱心ですよね、会社内のレベルアップに。


そして盟友・大石さん。くしくも誕生日のこの日に
20年ぶりぐらいの、共育タッグが組めました。
いつも「共育は八木」と言ってくれるのが、とてもありがたいです。


この日も2時間少しの議論で、ほぼ決まりました。
各自に役割を分けて、3日後に集合して、結論へと向かいます。


議事を取る代わりに、ボードに書いて決まったことをこうして写真に残すのが
今のトレンドなんですよぉ。