読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

プロフ似顔絵写真を作っていただき、ご本人とそれを真似て写真を撮ってみた

こだわり

フェイスブックをやっていると、面白いプロフィール写真に出会いました。


面白い似顔絵プロフ写真なんですよね。

そうしていくうちに


こんな記事に会い、


こんなバージョンも作られ


こんなバージョンも。

登場人物が全員知り合いで、FB友達なんです。

で、作者の方に、「僕のも作ってください」とお願いすると、試作で


こんなのが出来ました。

「僕はハサミ持って、カットしませんよ」ということを告げると
「知っていますけど、りぐれたね?の手がパーツにないんです」とのこと。

そこで、作ってくださったのが、この作品。


決まりですよね。

僕の青春時代、大学2年のころでしょうか?
大ディスコブームの火付けになる「サダデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットしたのは。

そして、ついに、


ご本人に来ていただいた時に、
そのポーズで「りぐれたね?」写真を撮ってしまったのでした。

ちささん、あれこれ、有難うございます。