読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一語一映Ⅲ

高知市の美容室リグレッタの八木勝二が、映画や本のこと、ランチなど綴ります。

戸田商行さんの「モクメンの売上を2倍にする」

学びの人生




この週には月曜日に続いて2度目の土佐市でした。
走れば30分足らずで近いものですが、南国方面と違って
空港がないから、めったに来ないのです。


ランチは、ランチパスポートでこちらへ。
かねてからお約束の「土佐ふれあい工房」さんへ。

待ち合わせは、ARU belly 一座の真子せんせいと、渡邊シェフと。


ランチプレトーは、真子せんせい曰く、
「いつもより気合が入っちゅうかな?」という力作。
超満足の一食でした。渡邊シェフ、有難うございます。


一座の美和さん真子せんせ、渡邊シェフと僕。
とてもいいお店です。

土佐市へお越し、または通られる折には、寄ってあげてくださいませ。

さて、ランチで満足した後は、お勉強会です。


土佐市役所にお邪魔しました。
「明徳義塾は、須崎市じゃないのか?」という声聞かれそうですが、

土佐市の宇佐に竜キャンパスが出来たんですよね。
立派な寮も併設してますからね。


今日の勉強会は、土佐まるごとビジネスアカデミー、略して土佐MBAの勉強会です。
講師の寺本先生から1時間ほどのレクチャー。

自社商品のポートフォリオについて勉強し、自社の商品をどこにマーキングするか
これがとても大事だということを勉強させていただきました。

そして、現場見学に入るのですが、ミッションは「売上を2倍にするにはどうするか?」
ミッションがあるとないとでは、見方がぜんぜん違いますから、ありがたいです。


戸田商行さんの戸田実知子さんの自社説明です。
パワーポイントを使ってのプレゼンテーションは始めてらしいですが、
驚くほど堂々たるものでした。


よく高級な果物の下に敷いてあるでしょ?
木を削った緩衝材を。あれですよ。

もう全国に4、5社しかない、ニッチな業態になっているそうです。

そういえば、プチプチはじめいろんな緩衝材が出てきていますものね。


約30分ぐらいの説明を受けた後に、土佐市役所を出発です。
会社まで、10分ぐらいだそうです。


市役所からほぼノンストップの10分間は、
もうすぐ須崎市じゃないの?というぐらい走った感覚がありました。


会社=工場ですね。
あれ、戸田商行さん、こんな分かりやすいところにあったんだ。
もろ国道56号線沿いです。


松やヒノキなどが原材料のようですね。
皮をはぎ、乾燥させ、小さく切り、それを機会にかけるという行程です。

「決定版!!モクメンが出来るまで」
↑ この動画をご覧いただけると、製造の工程が全て分かります。


ものづくりの工場って、僕にはほとんど体験がないわけですよ。
思い切り、刺激になりますね。


さて、記念撮影をして、市役所に戻ります。
戸田さん、見学・ご案内有難うございました。


もう日も傾きかけていましたね。
冬の夕方はあっとゆう間です。


市役所に戻って、「戸田商行さんの売上を2倍にする」シートの作成です。
いや〜、これ書くの大変でしたよ。

でも勉強になりますねぇ。
何事にもテーマ、ミッションを持ってということなんですね。